死の喫茶店「カフェトバコ」

2018年5月7日

全面喫煙OK喫茶店 有楽町と新橋に登場
JR東日本が駅構内を全面禁煙するなど、タバコが吸える場所は少なくなるばかり。喫茶店でも分煙、禁煙がほとんどだ。そうした中で、全面喫煙OKの喫茶店がオープンした。思う存分タバコが吸え、愛煙家の評判になっている。

なぜ、こうした全面喫煙をうたったカフェをオープンしたのか。運営会社の東和フードサービスの販売促進グループは、「禁煙が主流の昨今、煙草を吸いたい人もいる。そうした人たちのニーズに応えたかった」と話す。

有楽町や新橋は、死のニーズが多いのか・・・

外食産業も不況で生きるのに必死だから、いいんじゃないでしょうか。

 

まさに弱肉強食

吸うか吸われるか (吸って吸われる喫煙者) (w

 

銀座のあのあたりの路上は、本当に喫煙者が多い。

(歩道に古い灰皿が置いてあったりもするから、よけいね)