喫煙と禁煙(タバコ)に関する書籍のレビューはとても面白い

2008年9月23日

なんというか、レビューアがかなり自己主張する傾向に(汁

特に喫煙マンセーな本が楽しめるようです。

[amazonjs asin="4862480977″ locale="JP" tmpl="Small" title="タバコ有害論に異議あり! (洋泉社新書y)"]どこもかしこも意見が真っ二つですが・・・

[amazonjs asin="4862481655″ locale="JP" tmpl="Small" title="「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)"]JTの人が書いた本です・・・さすがにJTなので、メタくそに言われています・・・

[amazonjs asin="4880032220″ locale="JP" tmpl="Small" title="タバコは神様の贈り物"]ちょっと気取ったタイトルで・・・
なんつーか、しょぼい贈り物なんですけど、まぁいいです。これも意見は真っ向対立。(といっても現時点で2つしかレビュー無いけど)

[amazonjs asin="4938907410″ locale="JP" tmpl="Small" title="スモーカーのあなたにはタバコは栄養です―タバコ有害論は矛盾だらけ!"]こんなイカすタイトルも。確かに、ちょっと思ってたよ! 「栄養」
だっておなかすかなくなるモン・・・(ただし、悪魔の栄養)

 

学者先生とかJTのとかの本はあんまり、たぶん読むことは無いと思いますが、「スモーカーの・・・栄養です」はかなりそそられるタイトルです。

けっきょくのところ、体に良かろうが悪かろうが、真実がどうであれ、タバコはやめたほうがいいですよ。