禁煙補助薬「ニコチンパッチ」 石垣市が小学生にも無料処方

2018年5月6日


沖縄県石垣市は、市内の小、中、高校生の喫煙者に対し、禁煙補助薬の「ニコチンパッチ」を無料で処方する取り組みを2008年8月6日から始めた。子供達をニコチン依存症から救出、未成年の喫煙者を減らす目的だが、小学生にまで「ニコチンパッチ」を提供することに対し、「本来は親の躾の問題」などと疑問視する声も出ている。

・・・成人には既に禁煙外来もありますが、未成年者はそもそも法的にアウトだし保険も適用されないから何かしらの救済の仕組みは必要だと思います。

吸わせない事と禁煙への意思は親の躾が大だと思いますが、依存症の治療は広く一般の素人には難しいと思います。

を読んでみると良いかと思います。

おそらく、この本に書かれていることが、本来の主旨だと思われます。