ミニヒマワリ F1グッドスマイル(+ハイドロカルチャー)

2018年5月7日


~ グッドスマイル ハイドロカルチャー編 ~


2011.4.28 ミニひまわりはやはり室内に置きたいので、ハイドロカルチャーでも育つかどうか試してみました。
土(?)はアイリスオーヤマのハイドロコーン(小粒)、容器は「DirGreen(ディアグリーン)9」という、自動給水鉢です。(単に使ってなかった鉢です。ハイドロに自動給水ってあんまり意味無いですし)

この鉢は外径8cmしかないので将来的にかなり不安ですが・・・

ひまわりの種は一般に嫌光性だそうなので、クリアな鉢でハイドロボールスカスカな状態で発芽するかどうか心配でしたが、無事に発芽しました。発芽するまで室内においておいたのがよかったのかもしれません。

ハイドロコーンは上の方がすぐ乾いちゃうんで、水はマメにひたひたに与えるようにしていました。


2011.5.1 本葉が出てからは、根っこがすごく伸びてきます。

肥料を与えない代わりに、鉢底にミリオンを数粒、投入しています。


2011.5.12 ここまではほぼ水だけで。

本葉が揃ってきたら、観葉植物用に用意してある微粉ハイポネックスの1000倍液肥を投入開始。

Unicode

2011.6.9 間引いた方の芽を、さらに小さい鉢(プリンの瓶・・・)に入れてみました。この瓶は内径4cmくらいでしょうか・・・

形だけほんとうにミニサイズで育ってます・・・

だいぶしっかりしてきたので、西日の直射日光がすごいベランダに移動、きっと耐えてくれるはず。

Unicode

2011.6.11 背は伸びないくせに葉っぱがでっかくなってます。根っこが詰まってひどい事になっていて、しかも透明な鉢なので藻も大発生。

それでも大丈夫みたい。

このところ暑くて、このサイズの鉢だと一日で水が干上がってしまいます。ハイドロなんで、1日~3日おきに液肥(微粉ハイポネックス1000倍)を水代わりに投入。

たぶん、そんなに肥料、いらないです。花つきの良くなる配合の肥料(リン酸、普通のハイポネックス)とかのほうが良いかもしれません。ただ、微粉・・・には微量元素が含まれているので、そこらへんの効果に期待して使用しています。

Unicode

2011.6.25 咲きそう・・・

サイズが小さいので、虫にやられた葉が目立って痛々しいですが・・・

Unicode

2011.6.26 1号 開花

ハイドロカルチャーでも立派に咲きました。成長もそれほど遅くないようです。
根っこがすごい事になるので普通の鉢に水位計をさす方法よりは、内鉢+外鉢の組み合わせのほうがメンテしやすいし安心できてよいと思います。