百均のダイソーで買ったセイロンベンケイソウ(はからめ・マザーリーフ)は無性生殖で気持ち悪いほど増殖した

2018年8月31日

Unicode

セイロンベンケイソウ(ベンケイソウ科)
南アジア、東南アジアなどの亜熱帯地域原産。

丈夫だが寒さに弱く、できるだけ5℃以下にならないように。肥料が豊富であったりすると、徒長気味に伸びすぎるらしいので、少し苛酷な環境(貧栄養、乾燥気味)で小さく育ててみるつもり。

ビビッドな色とデザインが昭和・原宿・竹下通りな感じですが、ダイソーで売ってたので思わずゲットしました。(湿度の高い夏季限定だと思います・・・)

葉っぱから芽がたくさん生えて増えるので、子宝に恵まれるようで縁起がいいとか、増えた木を人にプレゼントすると、幸福をもたらすといういわれから、英名で「Good luck leaf」(幸福の葉)と呼ばれているとか。(「マザーリーフ」ってのは商品名という話も)

ダイソーの袋にはそういう説明は抜きにして、「幸せの葉っぱ」と書いてあるのでそういう感じで。
寒さに弱いそうですが、こちらのブログでは何年にもわたって花を咲かせています、すごい。マンションなのであまり大きくはさせられませんので、鉢とハイドロで小さく育てて、浮き草仕様にしてみたいと思っています。

基本知識:
マザーリーフは多肉植物で、内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵できるため、乾燥に強く、非常に頑強。南方原産の植物なので寒さには弱いらしい。

Unicode

2011.8.6
同じくダイソーで買ったトレーに浮かべて。

肥料は入れてませんが、水の腐敗防止にミリオンAを少量。
買った時点で、もう小さな芽が出てますね・・・

水面の面積が広い(10cm*20cmくらい)ので、すぐに水を切らしそうな感じ。
一緒に保水ジェル買ってくればよかった・・・

Unicode

2011.8.8
そんなわけで、100円ショップの保水ジェル購入。

ピンクのような。

Unicode

2011.8.8
全体が浸るように、まんべんなく・・・

Unicode

2011.8.8
モザイク芸術

(注:こんなふうにしなくても芽は出ます)

Unicode

2011.8.12
芽が生えてきました。

Unicode

2011.8.15

Unicode

2011.8.20
あちこちから芽が出てきました。

・・・こころなしか、ピンクだった保水ジェルが
なんとなく緑色に。

ベランダに置いていたから、藻が生えるのは当然ですが。

Unicode

2011.8.28 グリーン

藻が繁殖中

Unicode

2011.9.4
100円ショップで、グラスの四角皿とカラー炭玉を購入。

ハイドロボールでも良かったんですが、イメージとしては、白か、青だったので。

100円ショップの材料だと他に、カラーゼオライトや、カラーサンドがあるのですが、あれらはどう考えても、根が酸欠になると思われるのでもう使っていません。

Unicode

2011.9.4

Unicode

2011.9.4
ひっくりかえしたところ。
保水ジェルに根が食い込んでしまって・・・

根から引っぺがすの大変だったので、こういう用途には向きませんね。

Unicode

2011.9.4
いちおう、イメージどおりに完成(なにが?)

コツは、不等辺三角形に植え込んで、後ろに大きく、手間に低く配置すること。手前の空間にはなにかオブジェを置くつもり。

Unicode

2011.9.4

回収した保水ジェルがあまりにもおいしそうだったので、グリーンソーダ。(このまま乾かしておくとどんどん小さくなって捨てやすい)

Unicode

2011.9.5
妻が、かえるを置いて完成させてくれました。

Unicode

2011.9.6
白バックで記念撮影