痛くない!安全かつ簡単にできる効果的な鼻うがいのやり方

2018年8月31日

鼻うがいは鼻炎や花粉症に絶大な効果があり、私自身、鼻うがいをはじめてからめったに風邪もひかなくなりました。

鼻うがいのやり方はいろいろ考えられますが、もっとも手軽で手間がかからず、コスト的にバランスの取れた安全なやり方をご紹介します。

「ハナノアシャワー(鼻洗浄器具付き)」


ハナノアの鼻洗浄器具セットの購入をおススメします。鼻洗浄器具は普通のタイプとシャワータイプの2種類ありますが、使いやすさではシャワータイプが断然おすすめです(効果的な使い方は後述)。

このセットでまずは効果や自分に合っているか試してみましょう。専用の洗浄液を買い足して使い続けてもいいのですが、専用の洗浄液は少し高いので、鼻うがいが気に入ったら洗浄液を自作する次のステップに進みます。

生理食塩水は、ソフコンプラス

鼻うがいに使用する水は生理食塩水(0.9%の食塩水)または重曹水を使用するのですが、これを自作するのは結構面倒ですし、作り置きは雑菌が繁殖して病気の心配もあります。

ソフコンプラスはコンタクトレンズ洗浄用の生理食塩水(0.9%濃度)で、目に入れても大丈夫なようにしっかり精製されています。非常に安価に入手でき、しかも腐敗防止用のスティックが入っているので衛生的にも安心です。

鼻うがい専用の洗浄液(ハナノア 痛くない鼻うがい 専用洗浄液 たっぷり500ml(鼻洗浄器具なし)は、500mlで650~800円が相場です。ソフコンプラスは200~300円で購入できます。ハナノアの鼻洗浄器具(両方の鼻1回分で50mlの規定量)を1日1回使うと1か月で1500ml消費しますので、専用液で約2100円/月、ソフコンプラスは約750円/月と、かなりコスパが良くなります。

粉を混ぜたりするのが面倒でなければ、ハナクリーン用の粉材が最もコスパが良くなります。ハナノアの鼻洗浄器具(50ml)に対して0.5gづつ溶かして利用できます。(⇒サーレMP60(ハナクリーンEX・α用洗浄剤) 3g×60包(60回分))

クール成分に、アズレン系のうがい薬

ソフコンプラスは単なる生理食塩水ですので、鼻うがい専用の洗浄液のようなクールな成分は入っていません。しかし、専用液のようなクール感をアズレン系のうがい薬で再現できます。(もちろん不要なら入れなくてよいです)

「アズレンスルホン酸ナトリウム」が成分で、AZやアズレンと書かれているうがい薬を選んでください。浅田飴AZうがい薬が最もコスパが良いので私も使用しています。

浅田飴AZの場合でハナノアの鼻洗浄器(50ml)は1回5~7滴が適正量です。点滴は100mlで2000滴くらいあるそうなので、1本買えば1年は持つはずです。

重症な時は、重曹(食用)

鼻炎や鼻づまりがひどいときには、重曹を加えると効果があります。適正量はハナノアの鼻洗浄器(50ml)で0.2gなので耳かき1杯が目安となります。(引用:鼻のかみ方と鼻洗浄情報 耳鼻咽喉科ほりクリニック

重曹を加えるとかなりの確率で「おえっ」となりやすく爽快感も無いので、最初はお試ししてからやるのが良いでしょう。

鼻うがいのコツ(ハナノアシャワー)

ハナノアシャワーは、その名の通り洗浄液を勢いよく出して洗浄するイメージで描かれていますが、実際はシャワーが鼻の奥の肝心なところに直接あたることはありません(鼻の上のほうには当たりますが、そこに肝心の汁はありません)。

なので、洗浄液をシャワー状に勢いよく出して空振りするより、適度にゆっくり出しつつ鼻全体を洗浄液で満たし、口鼻からあふれさせるようなイメージのほうが洗浄効果が高いと感じています。シャワータイプのほうが後発なのも、そういう理由だと思います。

未分類

Posted by Webmaster